大学受験は何を基準に塾を選ぶ?

在宅の自習で抱える問題

大学受験のための勉強は参考書や過去問題集を使用した在宅での学習が多くなります。しかし、在宅学習の欠点は質問ができず、その場で解決ができないということでしょう。現役の受験生であれば学校で質問することも可能ですが、長期の休みとなるとなかなかそういうわけにもいきません。そういったこともあり、在宅での自習以外に学習の方法を考える必要もあります。
また、自宅での学習はさまざまな誘惑があり、その誘惑に打ち勝つ強い意志というのも必要です。誘惑に弱い人であれば、何かと理由をつけ受験勉強を先延ばしにしてしまい、受験が近づいて大慌てとなってしまいます。
ここに挙げたのは一例ですが、他にもさまざまな問題があります。これらの問題を解決するには、塾やゼミを利用するという方法もあります。実際に多くの受験生が、塾やゼミに通っているのです。

大阪で5校舎を展開するマナビズム

難関私大を志望校といているのであれば、それらの大学に特化したマナビズムという塾が大阪にあります。現在は府内で通塾コースの5校舎と在宅コースを展開している割と新しい塾です。もともとは関関同立といった関西圏の私大をターゲットにしていたようですが、現在は、関東のMARCHなど、国内の私大に対象を広げています。
マナビズムの学習の方法としては、通塾と在宅の2つのコースが選択できます。校舎の近隣の方であれば、通塾が可能ですが、それ以外の地域だと通塾は困難になるので、在宅ということになります。
マナビズムの特徴としては、入塾時にカウンセリングを受け、その結果から学習計画が作成され、その計画にのっとって学習を行っていくようです。もちろん計画の進み具合によって学習計画は再作成され新しい計画のもとで学習を行うようになります。無料のカウンセリングも受けられるようですので、気軽に申し込んでみてもよいかもしれません。

LINEで申し込む夏期講習

多くの塾が夏の特別講習を行っているのですが、マナビズムも同様に夏期講習が行われています。この夏期講習だけに参加するということも可能なようです。申し込み方法は簡単で、マナビズムの公式のLINEアカウントに登録して、そこから申し込むことになるようです。普段の講習でも体験は行われているのですが、夏季講習でも体験学習は行われているようです。
私大の受験では大学のレベルによって違いはありますが、大学ごとに入試の傾向が異なっているので、大学に合わせた学習をするのが効果的です。逆を言えば、そういった学習方法でなければ、受験勉強の遅れは取り戻すことは難しいのかもしれません。

Categories: 未分類